ここから本文です

リオ五輪“銅”重量挙げ三宅選手に特別栄誉賞 新座市が初の授与決定

埼玉新聞 9月16日(金)10時31分配信

 埼玉県新座市は15日、リオオリンピックの重量挙げ女子48キロ級で銅メダルを獲得した同市出身の三宅宏実選手(30)に対して、市民特別栄誉賞を授与することを決めた、と発表した。

 同市は4年前、ロンドン五輪重量挙げで銀メダルを獲得した三宅選手とレスリング男子フリースタイル66キロ級で金メダルを獲得した米満達弘選手=当時、新座市在住=の2人に市民栄誉賞を初めて授与しているが、市民特別栄誉賞は三宅選手が初めて。

 市は特別栄誉賞を授与する理由について、「2大会連続のメダル獲得の栄誉をたたえるとともに、腰などの故障を抱えながら出場し、銅メダルを獲得したことで、市民に誇りと夢と感動を与えた」としている。

 市は20日午後6時から、市民会館ホールで、同選手銅メダル獲得祝賀会を開催。市民特別栄誉賞を授与するほか、記念品や花束を贈呈する。

最終更新:9月16日(金)10時31分

埼玉新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]