ここから本文です

【速報】ダニエル太郎 ストレート勝ち、日本1勝目の白星スタート<男子テニス>

tennis365.net 9/16(金) 13:44配信

デビスカップ

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本対ウクライナ(日本/大坂、ハード)は16日、シングルス第1試合が行われ、ダニエル太郎(日本)がS・スタコフスキ(ウクライナ)を7-6 (7-4), 7-6 (7-2), 6-1のストレートで下し、日本は1勝目をあげる白星スタートを切った。

【西岡良仁vsマルチェンコ 1ポイント速報】

ダニエル太郎は当初A・スミノルフ(ウクライナ)と対戦する予定だったが、ウクライナが試合前にスタコフスキへ変更した。

この試合、第1セットの第10ゲームでスタコフスキのサービング・フォー・ザ・セットを迎えるも、ダニエル太郎がブレークバックに成功。

その後もスタコフスキのネットプレー・バックハンドのスライス・ドロップショットの緩急をつけたテニスに苦戦するも、第1セットを先取する。

第2セットもタイブレークの末に取って2セットアップとすると、第3セットは第1ゲームでブレークする好スタートを切ったダニエル太郎が主導権を握り、日本の1勝目をあげた。

同日のシングルス第2試合では西岡良仁(日本)がI・マルチェンコ(ウクライナ)と対戦する。

エースの錦織圭(日本)は2日目に、杉田祐一(日本)とのダブルスに出場する予定。

日本は昨年のプレーオフ コロンビア戦で、シングルスで錦織が2勝、ダニエル太郎が1勝をあげる底力を見せつけ、ワールドグループ残留を決めた。

今年3月のワールドグループ1回戦では、1勝2敗で迎えた最終日に錦織がA・マレー(英国)とのエース対決に5-7, 6-7 (6-8), 6-3, 6-4, 3-6で惜敗し、通算1勝3敗で敗れた。

デビスカップは、初日に各国1位の選手と2位の選手によるシングルスをそれぞれ行う。2日目にダブルス1試合、最終日の3日目は両国1位と2位同士のシングルス2試合の合計5試合が行われ、3勝した国が勝利する。

日本とウクライナの組み合わせは、以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:ダニエル太郎 7-6 (7-4), 7-6 (7-2), 6-1 S・スタコフスキ
・シングルス第2試合:西岡良仁 vs I・マルチェンコ

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:錦織圭/ 杉田祐一 vs D・カレニチェンコ(ウクライナ)/ S・スタコフスキ

【大会3日目】
・シングルス第1試合:ダニエル太郎 vs I・マルチェンコ
・シングルス第2試合:西岡良仁 vs A・スミノルフ

tennis365.net

最終更新:9/16(金) 13:57

tennis365.net