ここから本文です

乃木坂46齋藤飛鳥・北野日奈子・衛藤美彩、口を揃え“女優・白石麻衣”は「美人」

MusicVoice 9/16(金) 14:25配信

 乃木坂46の秋元真夏、衛藤美彩、北野日奈子、齋藤飛鳥、高山一実、堀未央奈が15日、都内でおこなわれた、映画『闇金ウシジマくん Part3』(9月22日公開)のイベント「はじめて女子試写会」に出席。この中で衛藤は「秋元から1万円を借りていた」と意外なメンバー間のお金の貸し借りのエピソードも明かした。映画にはメンバーの白石麻衣も出演しているがその姿について、齋藤、北野、衛藤は口を揃えて「美人だった」と賞賛した。

【写真】イベントに出席した堀未央奈ら

北野は「とにかく美人でした」と賞賛した。

 映画は、非合法な金利で金を貸し付けるアウトローな金融屋が主人公。金と欲望に翻弄される人々の転落人生をハードでコミカルなタッチで描く、社会派エンターテインメントだ。原作は累計1000万部を記録している人気コミック。2010年のテレビドラマから始まり、今年10月22日には映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』として完結する予定となっている。今回の映画には、同じ乃木坂46のメンバー白石麻衣も出演している。

 映画の上映が終了してから、乃木坂46の6人が舞台に登場した。最初に話したのは秋元。「皆さん映画面白かったですよね?『ウシジマくん』はドラマで観ていたんです。それからの映画だったので、こういう展開になっているのかと。話はまた違うんですけど、楽しめました」と自身の感想を述べた。

 その後もそれぞれが「最初は怖かったけど、あっという間に終わって最後まで楽しんでみることができました」(衛藤)、「初めて観たのですが前作もこれから上映される『ファイナル』も観たいなと思ったので自分で映画館に行こうと思います」(北野)、「18歳になって初めて観た映画が『ウシジマくん』だったので、ちょっと刺激的で18歳になったぞって感じがしました」(齋藤)、「ホラー映画が好きなので、今回の映画を観て前回までの作品も観たいなと思いました」(堀)とそれぞれコメント。

 また、映画の内容に絡めて「もし100万円もらえたら、裸になってプールに飛び込むか?」という質問も。これについては秋元が「さすがに100万もらえるって言っても、人前で裸になるっていうのは…。ひとりでお家のお風呂に飛び込むとかだったら全然良いんですけど。演技でもアイドルっていうのがあるんでちょっと難しいですね」と困った様子だった。

 さらにこの映画に仲間である白石が主演していることについて、衛藤は「映画の撮影がちょうど年末の忙しい時期で、(白石が)現場を行ったり来たりしてて。『これはあの時現場を抜けてとってたのかな』とかそういう目線でも楽しめました。女優・白石麻衣が凄いきれいだなって思ったし、あんなに体当たりの演技するんだっててそわそわしちゃいました」と感想を話した。北野も「とにかく美人でした」と言葉を添えた。

 この後、「大親友にお金を貸してと言われたら貸すか?」という質問へ。結果は齋藤以外は全員「貸す」という答えだった。これについて齋藤は「人間ってお金が絡むとろくな事がない」と18歳とは思えぬ発言で会場を驚かせた。また、衛藤は「私は実際、最近まで秋元から1万円を借りてたんですよ。ご飯食べに行ったときに無くて。ちゃんと返しましたけど、取り立てとかはされなかったです」と意外なメンバー間の貸し借りのエピソードも披露された。

 最後に齋藤が「今回私も一緒に観させていただきました。タイトルからして若い女性が観るのをためらうかなって思うんですけど、内容的には色々な感情になれるし、色々な事を学べる。私にとっては凄くためになる映画でした。なので是非私たちと同年代の女性たちに観て戴きたいなと思います。同じメンバーのまいやんの美しさでも観て欲しい」とメッセージを贈ってイベントを締めくくった。(取材・小池直也)

最終更新:9/16(金) 14:25

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]