ここから本文です

初の大舞台で金メダル 豊島(佐賀商)、アジア制す カデ柔道・男子55キロ級

佐賀新聞 9/16(金) 11:08配信

 17歳以下の選抜選手が頂点を競う「アジアカデ柔道選手権大会」(8、9日・インド)で、豊島我空(佐賀商)が男子55キロ級の頂点に立った。初の大舞台で金メダルを手にした豊島は「どうしても結果を残したかった。優勝できてうれしい」と笑顔を見せた。

 大会では「ブーイングなど独特な雰囲気に戸惑った」が、「体格は一番小さい。ここで勝って目立ってやる」とモチベーションを高めた。2回戦は開始直後の袖釣り込み腰で一本勝ち、3回戦も積極的な攻めを見せて勝ち上がった。

 準決勝は体格差のあるカザフスタンの選手が「背負い投げを警戒している」と察知し、大内刈りで有効を奪い勝利。決勝は序盤に押し込まれたが、「何としても日本に金メダルを」と最後まで気持ちを切らさなかった。

 4月の全日本カデ選手権は準優勝、8月の全国総体は16強で涙を飲んだ。その悔しさもあり、大会前にはリオ五輪の男子60キロ級で銅メダルを獲得した高藤直寿選手の映像を見るなどして海外選手の動きを分析。両親から「自分の柔道をすれば勝てるよ」と送り出され、気合が高まったという。

 新チームでは主将を務める。「ここからは一つ一つが最後の試合になる。九州、全国で活躍できるようにしていく」とさらなる飛躍を期す。

最終更新:9/16(金) 11:08

佐賀新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]