ここから本文です

「戦車売ります」 仏の博物館 閉館に伴い所蔵品を売却

AFPBB News 9月16日(金)10時46分配信

(c)AFPBB News

【9月16日 AFP】第2次世界大戦(World War II)当時の戦車を買いたい?それならフランスにあるノルマンディー戦車博物館(Normandy Tank Museum)へお急ぎを。同博物館は現在、閉館に伴う全所蔵品の売却を進めている。

 同博物館が競売に掛ける130点のうち目玉商品の一つが1942年米国製のM4戦車だ。この戦車は8万ユーロ~14万ユーロ(約900万円~1600万円)の販売価格が設定されている。

 また1944年製のジープMB(Jeep MB)は推定落札価格2万5000ユーロ(約280万円)、軍用ブルドーザー「キャタピラーD-8(Caterpillar D-8)」は4000~6000ユーロ(約45万~68万円)となっている。仏競売会社アールキュリアル(Artcurial)が18日にオークションを行う予定。

 より低予算の人には、戦車の操縦士や米海軍パイロットの制服を着た展示品のダミー人形が、約200ユーロ(約2万円)で購入可能となっている。

 同博物館は3年前、第2次世界大戦中の連合軍によるノルマンディー上陸作戦の舞台となった海岸に近いカツ(Catz)にオープンした。しかし、今年に入り来館者が30%減少したことを受けて閉館を決定。フランスで過去2年間に相次いだ過激派の襲撃事件が原因としている。

 同博物館には第2次世界大戦で使用された車両40台以上と物品数千点が所蔵されている。また敷地内には滑走路も設置されている。

 博物館の創設者は、こうした車両が出す騒音により地元住民から数件の申し立てがあったことを認めたが、閉鎖に追い込まれても跡地は保有し、より小規模な博物館をオープンさせる計画だという。8日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:9月16日(金)11時4分

AFPBB News