ここから本文です

【MLB】田澤純一がメジャー通算300試合登板を達成 日本人投手では史上5人目

Full-Count 9月16日(金)10時16分配信

1回1安打3Kの好投で無失点、長谷川、上原、斎藤、野茂に続く快記録

 レッドソックスの田澤純一投手が15日(日本時間16日)、本拠地ヤンキース戦でメジャー通算300試合登板を果たした。3番手で登板し、1回1安打無失点3奪三振。300試合登板は日本人投手では史上5人目となった。

田澤純一のMLBでの年度別通算成績

 田澤は4点ビハインドの5回から登板。先頭のグレゴリウスにレフト線への二塁打を浴びた。さらに、三盗を許して無死三塁とピンチを背負うも、ヘッドリー、レフスナイダー、オースティンをすべてスプリットで3者連続空振り三振。無失点に抑え、防御率は4.34となった。

 日本人投手では、長谷川滋利の517試合登板が最多。上原浩治が380試合、斎藤隆が338試合、野茂英雄が323試合となっており、田澤の300試合登板は偉大な先輩たちに続く史上5人目の快記録となった。

 田澤は日本のドラフトを経ず、2008年12月に新日本石油ENEOSからレッドソックスに入団。マイナーからスタートし、2009年8月7日のヤンキース戦でメジャーデビューした。2013年から2年連続70試合登板、3年連続60試合登板を果たし、今季は防御率4点台と苦しみながらこれが51試合目の登板。2013年にはセットアッパーとしてブルペンを支え、ワールドシリーズ制覇に大きく貢献した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月16日(金)10時16分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]