ここから本文です

須賀川で民家全焼、1遺体を発見 家人1人不明、2人けが

福島民友新聞 9月16日(金)11時5分配信

 15日午前1時5分ごろ、須賀川市、会社員、男性(50)方から出火、木造一部2階建て約180平方メートルを全焼した。焼け跡から1人の遺体が見つかったほか、男性は顔などに重いやけど、知人の同市、パート従業員、女性(43)が胸の骨を折るなどして重傷。

 男性の母(83)と連絡が取れないことから、須賀川署は遺体は男性の母の可能性が高いとみて、身元の確認を進めている。

 同署によると、出火当時、男性方には3人がいた。母は1階、2人は2階にいた。男性と女性は避難する際にけがをしたという。

 同署などは、燃え方の激しい内部を中心に出火原因を調べている。同署は16日、福島医大で司法解剖し、死因を調べる。現場は住宅が点在する山あいで、県道から奥まった位置にある。

福島民友新聞

最終更新:9月16日(金)11時5分

福島民友新聞