ここから本文です

キーズ、クビトバがワイルドカードで出場、ハレプ、スティーブンスは欠場 [東レPPOテニス]

THE TENNIS DAILY 9月16日(金)12時1分配信

 9月17日(土)から25日(日)まで有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コートで開催される「東レ パン・パシフィック・オープン」のワイルドカード(主催者推薦枠)選手が決定し、マディソン・キーズ(9位/アメリカ)とペトラ・クビトバ(16位/チェコ)が出場することになった。

東レPPOテニス2016の本戦出場者が決定

 これにより、本戦出場選手の最上位は全仏オープン覇者のガルビネ・ムグルッサ(3位/スペイン)で、昨年優勝のアグネツカ・ラドバンスカ(4位/ポーランド)、全米準優勝のカロリーナ・プリスコバ(6位/チェコ)、カルラ スアレス・ナバロ(8位/スペイン)にキーズが続き、世界ランキングのトップ20から10名が参戦する。日本勢は土居美咲(ミキハウス/35位)、大坂なおみ(69位)の出場が確定している。

 ワイルドカードはキーズ、クビトバ、大坂のほかに、今年のヨーロッパ・ジュニア選手権で優勝を飾り、全仏オープン・ジュニアとウィンブルドン・ジュニアでベスト4のオレーシャ・ペルブシナ(405位/ロシア)に適用された。

 なお、本戦出場を予定していたシモナ・ハレプ(5位/ルーマニア)とスローン・スティーブンス(28位/アメリカ)がケガにより欠場することも発表され、オルタネート(補欠)のマディソン・ブレングル(67 位/アメリカ)が本戦に出場する。

 シモナ・ハレプよりコメント。
「左足の負傷により、残念ながら今年の東レ パン・パシフィック・オープンに出場することができません。東京のファンの前でのプレーをいつも楽しみにしているので、またすぐに戻って来たいと思っています」

※世界ランキングは9月12日付

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9月16日(金)12時1分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]