ここから本文です

キーズ、クビトバがワイルドカードで出場、ハレプ、スティーブンスは欠場 [東レPPOテニス]

THE TENNIS DAILY 9/16(金) 12:01配信

 9月17日(土)から25日(日)まで有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コートで開催される「東レ パン・パシフィック・オープン」のワイルドカード(主催者推薦枠)選手が決定し、マディソン・キーズ(9位/アメリカ)とペトラ・クビトバ(16位/チェコ)が出場することになった。

東レPPOテニス2016の本戦出場者が決定

 これにより、本戦出場選手の最上位は全仏オープン覇者のガルビネ・ムグルッサ(3位/スペイン)で、昨年優勝のアグネツカ・ラドバンスカ(4位/ポーランド)、全米準優勝のカロリーナ・プリスコバ(6位/チェコ)、カルラ スアレス・ナバロ(8位/スペイン)にキーズが続き、世界ランキングのトップ20から10名が参戦する。日本勢は土居美咲(ミキハウス/35位)、大坂なおみ(69位)の出場が確定している。

 ワイルドカードはキーズ、クビトバ、大坂のほかに、今年のヨーロッパ・ジュニア選手権で優勝を飾り、全仏オープン・ジュニアとウィンブルドン・ジュニアでベスト4のオレーシャ・ペルブシナ(405位/ロシア)に適用された。

 なお、本戦出場を予定していたシモナ・ハレプ(5位/ルーマニア)とスローン・スティーブンス(28位/アメリカ)がケガにより欠場することも発表され、オルタネート(補欠)のマディソン・ブレングル(67 位/アメリカ)が本戦に出場する。

 シモナ・ハレプよりコメント。
「左足の負傷により、残念ながら今年の東レ パン・パシフィック・オープンに出場することができません。東京のファンの前でのプレーをいつも楽しみにしているので、またすぐに戻って来たいと思っています」

※世界ランキングは9月12日付

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9/16(金) 12:01

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]