ここから本文です

【MLB】田中将大、防御率トップ浮上も…救援陣崩れサヨナラ負け、自己最多14勝消える

Full-Count 9月16日(金)12時10分配信

リーグ唯一の防御率2点台も…守護神ベタンセスがまさかのサヨナラ3ラン被弾

 ヤンキースの田中将大投手は15日(日本時間16日)、敵地でのレッドソックス戦に登板し、7回4安打1失点3四球0奪三振の好投も、救援陣が崩れてサヨナラ負け。メジャー自己最多の14勝目(4敗)はお預けとなった。味方が着実に得点を重ねる中、安定感のある投球でリードを守った右腕だったが、9回に守護神ベタンセスがサヨナラ3ランを被弾。しかし、田中は防御率2.97でリーグトップに浮上。投球回数も193回2/3と大台の200イニング到達が目前に迫った。ヤンキースは5-7で敗れた。

際立つ敗戦数の少なさ…田中将大のNPB・MLB通算成績一覧

 ヤンキースが初回に幸先よく2点を先制すると、田中は2死からオルティスに二塁打を許すも、4番ベッツを打ち取り無失点。2回は3者凡退と上々のスタートを切った。

 打線が3回に2点を追加すると、田中はその裏に2四球とヒットで1死満塁のピンチを背負い、オルティスに犠飛を許す。1点を返されたが、ベッツは捕邪飛に仕留めて最小失点で切り抜けた。

 ヤンキースは4回もカストロのタイムリー内野安打で追加点。5-1と再び4点差とする。田中がその裏を無失点に抑えると、5回にはレッドソックスの田澤が登板。1回1安打無失点3Kの好投で、レッドソックにとってはこの試合2イニング目の無失点となった。

 田中は5回も先頭打者に二塁打を浴びながら、ペドロイア、ボガーツ、オルティスと好打者3人を打ち取り無失点。6回はこの試合2度目の3者凡退に抑えると、7回も続投。1死からブラッドリーJrに四球を与えながら、後続を打ち取り4点のリードを守って降板した。

 しかし、ヤンキースは2番手ウォーレンが8回に1失点。さらに、9回はレイン、パーカーがピンチを招くと、ここで登板したベタンセスがオルティス、ベッツにタイムリーを浴びて1点差。最後はラミレスにサヨナラ3ランを浴び、まさかの大逆転負けを喫した。田中の14勝目も消えた。

 田中は93球を投げてストライクは61球。防御率は2.97と6月17日以来の2点台に突入し、クリス・セール(ホワイトソックス)の3.03を抜いてリーグトップに浮上した。防御率2点台は、ア・リーグで唯一。規定投球回目前で防御率2.76のマイケル・フルマー(タイガース)は、16日(同17日)のオリオールズ戦に登板する。田中は低めにボールを集めて凡打の山を築き、三振ゼロはメジャー74試合目の登板で初。しかし、チームは痛い敗戦となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月16日(金)15時56分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]