ここから本文です

“日本のメッシ”久保に世界がメロメロ? スペイン紙「すでに欧州の複数クラブが彼に興味」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月16日(金)16時50分配信

バルサ以外の選択肢も?

彼はまだ15歳だが、誰も成し遂げたことのない偉業を達成することになるかもしれない。先日のクラブユース選手権において、年上プレイヤーに囲まれながらも見事得点王に輝いたFC東京U-18の久保建英がスペインでも話題を呼んでいる。

日本が世界に誇るこの神童はわずか10歳でバルセロナ下部組織に入団したものの、これが未成年者の外国移籍を禁止するFIFAのルールに抵触したとして、バルサからの退団を余儀なくされていた。しかし天下のFIFAであっても、一度結ばれた絆を永遠に引き剥がすことはできない。スペインでバルサを応援し続ける地元紙『SPORT』は“バルサが久保建英を見失うことはない”と題し、同クラブが彼や彼の家族と現在も接触し続けていると指摘。また、この上なく優秀な日本のホープについては次のように言及している。

「期待の星である久保はFC東京で多くのゴールを決めたことで、U-18の日本代表にも選出。すでにヨーロッパの複数クラブが彼に興味を示している。バルセロナとしてはこれから先も久保の著しい成長をチェックし続け、18歳の誕生日を待つことになる」

古巣のバルセロナだけでなく、それ以外の幾つかのクラブも“日本のメッシ”に注目していると示唆した同メディア。もはや彼は日本国内に留めておくには勿体無いほどの逸材なのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月16日(金)16時50分

theWORLD(ザ・ワールド)