ここから本文です

ダニエル太郎が2セット連取で1勝目に王手 [デビスカップ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 9月16日(金)13時15分配信

 男子テニスの国別対抗戦、デビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ウクライナ」(大阪・靭テニスセンター/9月16~18日/ハードコート)の第1試合で日本のダニエル太郎(エイブル/単88位)がウクライナのセルゲイ・スタコウスキー(単105位)と対戦。第1セットを7-6(4)で先取した日本が第2セットも7-6(2)で奪い、1勝目に王手をかけた。

日本はシングルスにダニエル太郎、西岡を起用、ダブルスは錦織/杉田 [デ杯日本対ウクライナ]

 今シーズンのダニエルは、全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドンで本戦に出場し、全仏でグランドスラム初勝利。8月にはコルデノンス(ATPチャレンジャー/4.25万ユーロ/クレーコート)で初優勝を果たしている。スタコウスキーとは今回が初対戦となる。

 30歳のスタコウスキーは2010年9月には世界ランク自己最高の31位をマークしており、ATPツアー通算4勝を挙げている。

 日本はイギリス・バーミンガムで行われたワールドグループ1回戦(3月4~6日/室内ハードコート)で前年優勝国のイギリスに1勝3敗で敗退。昨年に続いて残留をかけたプレーオフを戦っている。

 ウクライナはホームで行われたヨーロッパ・アフリカグループ1部の2回戦(ウクライナ・キエフ/7月15~17日/ハードコート)で、オーストリアを3勝2敗で倒してプレーオフ進出。4度目の挑戦で初のワールドグループ入りを目指している。

 デ杯は3日間にわたって行われる1チーム4人の団体戦(男子国別対抗戦)。初日に「シングルス1、シングルス2」の2試合、2日目にダブルス1試合、最終日に「シングルス1同士」「シングルス2同士」の対戦(リバースシングルス)が行われる。全5試合のうち、先に3勝したチームが勝者となる。

※文中の世界ランキングは9月12日付

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 16: Taro Daniel of Japan competes against Sergiy takhovsky of Ukraine during the Davis Cup World Group Play-off singles match at Utsubo Tennis Center on September 16, 2016 in Osaka, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

最終更新:9月16日(金)23時34分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。