ここから本文です

第1試合はダニエル太郎がストレート勝利 [デビスカップ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 9月16日(金)13時51分配信

 男子テニスの国別対抗戦、デビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ウクライナ」(大阪・靭テニスセンター/9月16~18日/ハードコート)の第1試合で、日本のダニエル太郎(エイブル/単88位)がウクライナのセルゲイ・スタコウスキー(単105位)を7-6(4) 7-6(2) 6-1で下して日本が1勝目を挙げた。試合時間は2時間36分。

日本はシングルスにダニエル太郎、西岡を起用、ダブルスは錦織/杉田 [デ杯日本対ウクライナ]

 今シーズンのダニエルは、全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドンで本戦に出場し、全仏でグランドスラム初勝利。8月にはコルデノンス(ATPチャレンジャー/4.25万ユーロ/クレーコート)で初優勝を果たしている。スタコウスキーとは今回が初対戦だった。

 ダニエルのデ杯でのマッチ勝利は、昨年のコロンビアとのプレーオフ最終試合に続いて2度目となる。

 日本はイギリス・バーミンガムで行われたワールドグループ1回戦(3月4~6日/室内ハードコート)で前年優勝国のイギリスに1勝3敗で敗退。昨年に続いて残留をかけたプレーオフを戦っている。

 ウクライナはホームで行われたヨーロッパ・アフリカグループ1部の2回戦(ウクライナ・キエフ/7月15~17日/ハードコート)で、オーストリアを3勝2敗で倒してプレーオフ進出。4度目の挑戦で初のワールドグループ入りを目指している。

 デ杯は3日間にわたって行われる1チーム4人の団体戦(男子国別対抗戦)。初日に「シングルス1、シングルス2」の2試合、2日目にダブルス1試合、最終日に「シングルス1同士」「シングルス2同士」の対戦(リバースシングルス)が行われる。全5試合のうち、先に3勝したチームが勝者となる。

     ◇   ◇   ◇

ワールドグループ・プレーオフ 日本 1-0 ウクライナ

9月16日(金)

第1試合 ○ダニエル太郎(エイブル/単88位)7-6(4) 7-6(2) 6-1 ●セルゲイ・スタコウスキー(単105位)

第2試合 西岡良仁(ヨネックス/単96位)vs イリヤ・マーチェンコ(単50位)

------------

9月17日(土)

第3試合 錦織圭(日清食品/複818位T)/杉田祐一(三菱電機/複640位)vs ダニロ・カレニチェンコ(複419位)/セルゲイ・スタコウスキー(複344位)

------------

9月18日(日)

第4試合 ダニエル太郎(エイブル/単88位)vs イリヤ・マーチェンコ(単50位)

第5試合 西岡良仁(ヨネックス/単96位)vs セルゲイ・スタコウスキー(単105位)

※文中の世界ランキングは9月12日付

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 16: Taro Daniel of Japan celebrates the winner Sergiy takhovsky of Ukraine during the Davis Cup World Group Play-off singles match at Utsubo Tennis Center on September 16, 2016 in Osaka, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

最終更新:9月16日(金)17時49分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]