ここから本文です

ホームでイスラエル王者に敗戦のインテル、指揮官「わざわざ足を運んでくれたファンに謝罪したい」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月16日(金)17時30分配信

怒りをあらわにしたデ・ブール

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは15日、ヨーロッパリーグのグループステージ第1節でイスラエル王者ハポエル・ベア・シェバと対戦した。試合は、ホームのインテルが後半に2失点を喫し、まさかの完封負け。黒星スタートを切ることとなった。

試合後、インテルの指揮官フランク・デ・ブールがインタビューに応じ、次のように述べた。クラブの公式サイトが伝えている。

「まず初めに言いたいことは、スタジアムまでわざわざ足を運んでくれたファンに謝罪したい。試合を振り返ると、我々は前半に得点できるチャンスを何度か作っていたし、リードできる場面もいくつかあった。セットプレイから相手に先制点を許したが、逆転できる自信はあったんだ。だから、ゴールを決められなかったことが私には理解できない。サッカーでリードされるのはしょうがないことだ。でも、我々はリードされる展開が多すぎる。本当に腹立たしいことだ。今夜のような試合でも決して負けてはいけない」

サン・シーロで行われたUELの初戦を落としていしまったインテル。第2節は29日にアウェイでスパルタ・プラハと対戦予定である。はたして、この試合で初勝利をゲットし、同クラブはグループステージ突破に少しでも近づくことができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月16日(金)17時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報