ここから本文です

中国、宇宙実験室「天宮2号」打ち上げ 独自ステーションに前進

AFPBB News 9/16(金) 14:53配信

(c)AFPBB News

【9月16日 AFP】中国は15日夜、宇宙実験室「天宮2号(Tiangong-2)」の打ち上げに成功した。同国の国営メディアが報じた。

 国営の中国中央テレビ局(CCTV)は、天宮2号が酒泉衛星発射センター(Jiuquan Satellite Launch Center)から長征2号F(Long March-2F)ロケットを使用して打ち上げられる様子を放送した。

 天宮2号の打ち上げは、中国独自の宇宙ステーションの2022年までの建設を目指すプロジェクトの一環。国営新華社(Xinhua)通信によると、天宮2号は今後、地球の軌道上を周回した後、宇宙飛行士2人を乗せた宇宙船「神舟11号(Shenzhou-11)」とドッキングする予定。飛行士らは天宮2号で30日間にわたり実験を行う。(c)AFPBB News

最終更新:9/16(金) 14:53

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。