ここから本文です

モウリーニョはスペシャル・ワンではない!グアルディオラこそスペシャルだ クラブOBの闘将がズバリ

theWORLD(ザ・ワールド) 9/16(金) 18:20配信

大胆な改革を評価

現在マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョといえば、自分のことをスペシャル・ワンだと言い放ったことでも有名な指揮官だ。

これまでそれにふさわしい成績を残してきたが、元マンUのロイ・キーン氏はスペシャル・ワンはモウリーニョではないと主張する。

英『Daily Mail』によると、キーン氏はマンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラこそスペシャル・ワンの名にふさわしい指揮官だとコメント。グアルディオラがこれまでマンCでおこなった改革を称賛した。

「モウリーニョは自分のことをスペシャル・ワンだと言うが、私にとってはグアルディオラがスペシャル・ワンだ。私はグアルディオラがマンCに来た時のことに注目している。彼は2~3の重要な決定を下した。ハート、ヤヤ・トゥレらについてだ。彼は決定を下したんだ。選手たちは自信を持っているし、グアルディオラは上手くチームをローテーションさせている。良いスタートだ」

確かに、モウリーニョに比べればグアルディオラの方がチームに変化を加えている。しかもここまではそれが上手く噛み合っており、モウリーニョ率いるマンUとの直接対決でも勝利を収めている。グアルディオラこそが特別な存在、スペシャル・ワンにふさわしいのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/16(金) 18:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。