ここから本文です

ベジェリンvsボルトの“音速対決”実現は近い!? 「今は電話を待っているところ」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月16日(金)19時20分配信

アーセナルでもそのスピードは折り紙付き

リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドを比較する前に、まずはエクトル・ベジェリンとウサイン・ボルトのスピード問題に決着を付けて欲しいところだ。アーセナルに所属する若きスペイン人DFが陸上界の怪物について言及している。

リオ五輪で前人未到のトリプルを成し遂げたジャマイカの英雄は、これまでにも幾度かレアル・マドリードのウェールズ代表FWガレス・ベイルやアーセナルのFWセオ・ウォルコットといったサッカー界のスピードスターらと比較されてきた。もちろん40mを4.41秒で走り抜けるベジェリンも、ボルトとの対決を期待される中の1人だ。英『Daily Mail』は“世界最速男”との比較について言及するスペイン人DFのコメントを伝えている。

「ボルトとのスピード勝負? それを質問するべき相手は僕ではないよ。僕としてはジャマイカから連絡が来るのを待ってたんだ。以前にボルトは『(対決は)おそらくリオ五輪終了後になるかな』と言っていた。今は電話を待っているところさ。こちらから催促する必要があるかもね」

なお、ベジェリンの40m時点におけるスピードはボルトよりも速いとされており、問題は終盤の怒涛の追い上げからベジェリンが逃げ切ることができるかどうかだ。多くの人間によって望まれる究極のスピード対決。いつの日か実現することを期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月16日(金)19時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。