ここから本文です

マレーが単複に出場 [デビスカップ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 9月16日(金)23時0分配信

 アンディ・マレー(イギリス)にとって、体力を消耗する“夏”はまだ終わっていない。

 16日に始まるデビスカップ準決勝「イギリス対アルゼンチン」(9月16~18日/スコットランド・グラスゴー/室内ハードコート)。

西岡良仁がデ杯初勝利、日本が初日2勝でワールドグループ残留に王手 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ウクライナ]

 彼のこの夏、最後の任務はデ杯のシングルス2試合とダブルス1試合の合計3試合になる予定だ。この対戦は母国を2年連続のタイトルに続く道に留まらせるための大事なミッションである。

「この週末、僕は全力を尽くして戦い、可能な限りチームを助けられるようトライする」とマレー。「休みは、そのあとにとるよ。僕には休息も必要だからね」。

 5月以来、マレーはイタリア国際、クイーンズ、ウィンブルドン、リオ・オリンピックで優勝し、さらに全仏オープンをはじめとする3大会で決勝に進んでいる。

 しかし、デ杯はマレーにとってとても大事なものであり、ウィンブルドン後に行われた準々決勝の対セルビア戦では、試合は欠場したもののチームに帯同して応援し続けた。そして、この準決勝でふたたびコートに戻り、戦うことになった。

 マレーは故郷スコットランド・グラスゴーで行われる準決勝の初日に、まずフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)と第1シングルスを戦う。第2シングルスでは、イギリスのカイル・エドマンドがギド・ペラ(アルゼンチン)を迎え撃つことになった。

 土曜日には、マレーは兄ジェイミーとペアを組み、フェデリコ・デルボニス/レオナルド・メイヤー(アルゼンチン)とダブルスを戦う。

 そして日曜日には初日のシングルス2試合の対戦相手が入れ替わり、マレーがペラと、エドマンドがデル ポトロと戦うことになる。

「彼は非常に頑健な男だ。肉体的にも、精神的にもね」とイギリス代表チームのレオン・スミス監督は、マレーにかかる負担を理解しながらこう言った。「だから、彼がそれをやってのけるのを見ても驚かないでくれよ」。

 マレー兄弟はデ杯をプレーすることにより、金曜日に行われる祖父の葬儀に参加できなくなった。

 昨年の11月に79年ぶりのデ杯優勝を果たしたイギリスは、1936年以来の2連覇達成に挑戦しようとしているところだ。

「これは、本当にタフな週末になるだろう。僕らにとってこの対戦に勝つことは容易ではないが、チームの皆がこのラウンドを勝ち抜きたいと思っており、それは僕ら皆にとっての大きなゴールなんだ。ふたたびデビスカップ決勝に進むことができたら、それは素晴らしい成就だ」とアンディ・マレーは言った。

「ここ数ヵ月に多くの重要な大会があり、そのすべてを優先するのは難しかったが、長い夏の終わりに、もしこのラウンドを抜けることができたら、僕らはふたたび優勝するチャンスを手に入れる。だから僕らはこの週末に、すべてを出し尽くして頑張るよ」

 マレーとデル ポトロはそれぞれの国のトッププレーヤーであり、通常なら日曜日のエース対決となるカードだ。しかし、デル ポトロは故障した手首の手術とその後の長い休養から戻って間もないためランキングを著しく下げており、一時は100位台中ほどだったランキングを今は64位まで上げてきたところだ。

「彼の復活はテニス界にとってよいことだ」と、アルゼンチン代表監督のダニエル・オルサニックは言った。「だから我々アルゼンチンにとって、それが何を意味するのか想像がつくだろう」。

 もうひとつの準決勝は「クロアチア対フランス」だ。金曜日の第1シングルスはリシャール・ガスケ(フランス)と19歳のボルナ・チョリッチ(クロアチア)、第2シングルスはフランスのライジングスター、ルカ・プイユとクロアチアのエース、マリン・チリッチが対戦する。

 フランスはダブルスで、はっきりとしたアドバンテージを持っている。ニコラ・マウとピエール ユーグ・エルベールは現在、世界1位のダブルスペアだ。彼らが対戦するのは、イバン・ドディグ/マリン・ドラガニャとなった。

 そして日曜日の相手を入れ替えたシングルスでは、ガスケがチリッチと、先の全米でラファエル・ナダル(スペイン)を破り準々決勝に進んだプイユが19歳のチョリッチと対戦する予定となる。

 フランスは全米の準決勝に進出したガエル・モンフィス、そしてジョーウィルフリード・ツォンガというふたりのベストプレーヤーなしで戦わなければならない状況だ。ふたりは膝の故障に苛まれている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: GLASGOW, SCOTLAND - SEPTEMBER 15: Andy Murray of Great Britain in action during a practice session prior to the Davis Cup World Group semi final tie between Great Britain and Argentina at Emirates Arena on September 15, 2016 in Glasgow, Scotland. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:9月16日(金)23時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]