ここから本文です

久保建英だけじゃない! FC東京のトップチームに登録された16歳が“武藤の14”を背負う

theWORLD(ザ・ワールド) 9月16日(金)19時40分配信

U-16日本代表としても活躍

FC東京は16日、FC東京U-18に所属するMF平川怜をトップチームに登録したことを発表した。

現在16歳の平川はFC東京U-18の主力選手として活躍しており、トップチームではかつてFW武藤嘉紀が背負った14番をつけることが決まった。FC東京は今季、新加入のMFハ・デソンに14番が与えられていたが、同選手はシーズン後半戦から名古屋グランパスに期限付き移籍しており、空き番となっていた。

Jリーグへの登録も完了して17日のリーグ戦からJ1に所属するFC東京、J3に所属するFC東京U-23での出場が可能となった平川だが、現在はU-16日本代表の一員としてインドでAFC U-16選手権を戦っている。

またFC東京は同日、平川と同じくFC東京U-18、U-16日本代表で活躍するMF久保建英もトップチームに登録したことを発表した。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月16日(金)19時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。