ここから本文です

明るい?黄色い? それとも…。iPhone 7の液晶チェック

ギズモード・ジャパン 9月16日(金)18時42分配信

僕は良いと思います。

新しいiPhoneやiPadが出るたびに、液晶の明るさや色は議論されます。一応どのiPhoneもガイドラインや目指す色というものが設定されていて、それに合わせた調整が行なわれて製造されているのであろう。

…とは思いますが、その個体差が気になってしまう気持ちもわかります。わかりますとも。

果たしてiPhone 7の液晶はどうなのか? 明るいのか、それとも暗いのか。もしくは黄色かったりしてしまうのか? iPhone 7とiPhone 7 Plus、過去選手としてiPhone 6sとiPhone 6s Plusにも参加してもらって液晶を比較してみました。

iPhone 6sとiPhone 7では液晶の色温度が明らかに違います。iPhone 6sに比べるとiPhone 7は色温度が低く、若干暖色系寄り。Appleのページによると、従来と比べて25%明るいと言っていますが、これをみる限りでは25%もの差は無さそうですね。

液晶の質という視点で比較してみると、iPhone 7とiPhone 7 Plusの画面はほぼおなじ明るさ・色ですが、一番左のiPhone 6sは画面上部が若干暗いような気も…。なお、そちらは編集部鈴木のiPhoneです。どんまい。

iPhone 7の液晶は、iPhone 6sとは明らかに違う質、違うセッティングでした。しかし、それはApple曰く、

”より広くなった新しい色域を持つRetina HDディスプレイでは、映画レベルの色や、スマートフォン業界の中で最高のカラーマネジメントを体験できます。画像の再現にはより多くの階調を持った色の分布が使われるので、画面上のものが現実の世界に一段と近い色で映し出されます”

であるとのこと。つまりこれがベストに近い画面の表現なのかもしれませんね。うん、安心してください、iPhone 7の液晶は美しい仕上がりです。

こ、個体差が無いとはいい切れませんが…。

source: Apple

(小暮ひさのり)

最終更新:9月16日(金)18時42分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]