ここから本文です

ベンゼマより頼りになる? なぜか大舞台に強いレアルの“Mrチャンピオンズリーグ“にスペイン紙も驚き

theWORLD(ザ・ワールド) 9/16(金) 20:50配信

スポルティング戦でも劇的弾叩き込む

今夏レアル・マドリードに復帰したFWアルバロ・モラタは、まだしばらくの間カリム・ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウド、ガレス・ベイルらBBCのバックアッパーとしてプレイすることになるだろう。

しかし、チャンピオンズリーグだけはモラタに賭けてみるのも面白いかもしれない。モラタは14日に行われたグループステージのスポルティング・リスボン戦で試合終了間際にヘディングから貴重な逆転弾を記録。レアルはモラタのおかげで勝ち点3を手にした。

スペイン『as』は、なぜかUCLに強いモラタをMrチャンピオンズリーグと呼んでいる。それはこのスポルティング戦に限ったことではなく、モラタはユヴェントスに在籍していた頃からなぜかチャンピオンズリーグが得意だった。

カルロス・テベスとコンビを組んだ2014-15シーズンでは、決勝トーナメント1回戦でドルトムント相手に2試合連続得点を記録。さらに準決勝のレアル・マドリード戦でも1stレグと2ndレグ両方で得点。決勝でもバルセロナ相手に得点を挙げている。

モラタはチャンピオンズリーグでは1488分間プレイして9得点6アシストと素晴らしい成績を残しており、なぜか世界で最も厳しいはずの大会で力を発揮している。今回のスポルティング戦の劇的弾も偶然ではないのだろう。

ベンゼマが復帰したとしても、チャンピオンズリーグではモラタに賭けた方がいいかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/16(金) 20:50

theWORLD(ザ・ワールド)