ここから本文です

パリで活躍した名シェフ、待望の大阪店

Lmaga.jp 9/16(金) 7:00配信

ミシュランシェフとして国内外で活躍する吉野建シェフ監修のレストラン「メゾン タテル ヨシノ」が、「ANAクラウンプラザホテル大阪」(大阪市北区)に9月16日オープン。初めて大阪に登場するとあって、食通にはたまらないニュースだ。

美食家のモネが残したレシピを再現したひと皿

パリで16年間もオーナーシェフを務めた「ステラ マリス」、また東京の「レストラン タテル ヨシノ 銀座」もミシュランガイドの星を獲得し続けている吉野シェフ。実は、和歌山県に系列店「オテル・ド・ヨシノ」があり、和歌山の食材と、吉野シェフのエスプリが活かされたメニューがいただけるとあって、料理を目指してはるばる訪れる人が絶えない人気ぶり。

今回のオープンにあたって、「モダンクラシックというテーマはそのままです。銀座でもない、和歌山でもない、ここでしかいただけない料理を提供したい」と吉野シェフ。今回のお店では、パリの「ステラ マリス」で修業したこともある澤村裕二さんが料理を担当し、「吉野シェフのスペシャリテはありすぎて困るほど。もちろん、シェフの料理を楽しんでいただくとともに、新しいこともどんどん提案していきたい。例えば、アミューズ。最初のインパクトを重視し、見た目も味も驚きを与えられると思います」と意気込みを語った。

サービスも料理同様に重要視し、銀座から先鋭スタッフ3人を大阪へ配置。また、今回のためにメインのお肉用のカトラリー(フォークとナイフ)を特注したり、ホテルにありながらパンもすべてオリジナルレシピで焼き上げたりと、細かいところまで吉野シェフの真髄を楽しめる。ランチは5,000円~、ディナーは10,000円~(税サ別)

最終更新:9/16(金) 7:00

Lmaga.jp