ここから本文です

山本美月「高校時代は中の下でした」

Lmaga.jp 9月16日(金)21時50分配信

三島有紀子監督が湊かなえの同名小説を映画化した『少女』。その先行上映会が16日、大阪「梅田ブルク7」(大阪市北区)で開催され、出演の山本美月と本田翼らが登場。舞台挨拶をおこなった。

『少女』の舞台挨拶に登場した女優・本田翼

心に闇を抱える女子高生・敦子を演じた山本。自身の女子校時代について聞かれ、「中の下というか。ホントに平均的。クラスのカーストでも真ん中。特に目立たない、ただの演劇部員でした」と告白。意外な一面に会場からは驚きの声が漏れた。

また、共演シーンの多かった高雄役の稲垣吾郎について、「稲垣さんは高雄さんなんですよ。カメラが回っていないときも高雄さんだったので、ずっと芝居と同じ温度でいられるというか。何テイクも重ねたシーンがあって、そこでも何も文句を言わず付き合ってくださって。とても紳士な、ステキな方でした」と語った山本。映画は10月8日から公開される。

最終更新:9月17日(土)12時57分

Lmaga.jp