ここから本文です

アデルが故エイミー・ワインハウスの33歳の誕生日を祝福

Billboard Japan 9月16日(金)15時55分配信

 エイミー・ワインハウスが生きていれば9月14日で33歳になったはずだが、悲しいことに彼女は5年前、アルコール中毒症により27歳の若さで亡くなっている。そんな彼女に思いを馳せ、アデルがソーシャル・メディアでワインハウスの誕生日を祝福した。

 アデルは自身のインスタグラムとツイッターのアカウントに、「お誕生日おめでとう、エイミー・X」と綴り、彼女の写真を投稿している。

 2011年7月23日にワインハウスが亡くなった際、アデルは彼女に敬意を表しブログに手記を投稿した。「エイミーは私のようなアーティストたちに道を開いてくれたし、何事にも臆せず陽気に気ままでいる一方、彼女のおかげで人々が再び英国の音楽に興奮するようになった」などと綴っていた。

最終更新:9月16日(金)15時55分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。