ここから本文です

SW新作『ローグ・ワン』ポスター解禁 “EP4直前までを描いた物語”に監督が言及

クランクイン! 9/16(金) 10:50配信

 『スター・ウォーズ』の原点となるストーリーを描いたシリーズ新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』から、ポスタービジュアルが解禁。美しい海辺に佇む主人公ジン・アーソと、帝国軍の究極兵器デス・スターの姿が明らかになった。

【関連】主演「フェリシティ・ジョーンズ」フォトギャラリー


 ポスターでは、“すべては、ここから始まる。”というコピーと共に、『博士と彼女のセオリー』で知られるフェリシティ・ジョーンズが演じる主人公のジン、そしてその彼方には、完成を目前に控えた帝国軍の究極兵器デス・スターの姿が確認できる。

 本作は、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の少し前の日々を舞台に、反乱軍の極秘チーム「ローグ・ワン」が、デス・スターの設計図を奪うミッションに挑む姿が描かれる。つまり、『新たなる希望』でレイア姫がR2‐D2に託したデス・スターの設計図が、いかにして入手されたのか?という、長きに渡る謎を解き明かす作品だ。

 アメリカのメディアは先日、本作が『新たなる希望』のオープニング10分前までを描いていると報じて話題を呼んだが、メガホンを取ったギャレス・エドワーズ監督は、「『ローグ・ワン』が『新たなる希望』に繋がる出来事について描いている事は確かだ。『新たなる希望』の冒頭にどこまで近いかというと…、いや、やめておくよ、ネタばれになるといけないから、どこまで直前かは観客に本作を観てその目で確かめて欲しい」とコメントを残している。

 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日公開

最終更新:9/16(金) 10:50

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]