ここから本文です

マーゴット・ロビー、『スーサイド・スクワッド』スピンオフを制作へ

クランクイン! 9月16日(金)15時0分配信

 映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のナオミ役でブレイクした女優マーゴット・ロビーが、DCコミックのアンチ・ヒーロー・アクション映画『スーサイド・スクワッド』で演じるハーレイ・クインを主人公にしたスピンオフを制作するという。

【関連】『スーサイド・スクワッド』来日イベントフォトギャラリー


 The Hollywood Reporterによると、マーゴットは『スーサイド・スクワッド』を製作・配給する米ワーナー・ブラザースと、ファーストルック契約(スタジオが一定の資金を提供する代わりに、企画や脚本などを優先的に見られる権利)を結んだとのこと。自身の製作会社ラッキーチャップ・エンターテインメントのもと、ハーレイ・クインと共にDCコミックの他のヒロインが登場する『スーサイド・スクワッド』スピンオフで、主演兼製作総指揮を務めるという。その他の詳細は不明。

 米ワーナー・ブラザースとは『スーサイド・スクワッド』の他、ウィル・スミス共演『フォーカス』(15)やアレクサンダー・スカルスガルド共演『ターザン:REBORN』(16)などに出演し、確かな関係を築いてきたマーゴット。他には、1990年代に実在したアメリカの空中ブランコ女曲芸師リリアン・レイチェルの人生を描く『Queen of the Air(原題)』で、主演兼プロデューサーを務める予定だ。

最終更新:9月16日(金)15時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。