ここから本文です

アロンソ「マクラーレン・ホンダで優勝できれば、僕のキャリアにおいて最大の成功」

オートスポーツweb 9月16日(金)7時24分配信

 フェルナンド・アロンソは、マクラーレン・ホンダで優勝することができれば、それは自分のキャリアのなかで最大の成果になると語った。

2016年シンガポールGP フェルナンド・アロンソ、ファンの少年とハイタッチ

 F1で15年目のシーズンを送っているアロンソは、これまでワールドタイトル2回、優勝32回、2位3位表彰台を合わせて65回、ポールポジション22回を達成している。しかし昨年移籍したマクラーレン・ホンダとは、そのいずれも成し遂げていない

 第二期マクラーレン・ホンダでの初優勝を挙げることができれば、それは自分にとって最大の業績になると思うかと聞かれたアロンソは「イエス」と答えた。

「このプロジェクトで初優勝を挙げることができれば、僕ら全員にとってとても大きな成果といえる」

「僕にそのチャンスがあるのかどうかも、ストフェル(・バンドーン)にそのチャンスが訪れるのかどうかも分からない。でも初優勝は、このプロジェクトに最初から携わっていたメンバー全員にとってとてつもない成果だ。去年の冬季テストで他より10秒遅く、初レースのオーストラリアでは5.8秒遅かった。そういったことを経験してきた僕らにとって素晴らしいことだし、心から誇りに思うだろう」


「これを現実にするには、これから数カ月にわたって努力を重ねる必要がある。F1の世界では誰も立ち止まったりしない。だからプロセスの進行を速める必要がある」

「状況はあっという間に変わる。新しいレギュレーションが来年導入されるから、スピードアップして取り組まなければ。のんびりしている余裕はないんだ」


 アロンソは、来年序盤の段階でメルセデスとの差を縮めるのは難しいが、今よりトップグループに近づけると考えている。

「(2017年にメルセデスに近づくというのは)相当楽観的な目標だ。ただ、去年同様、今年もたくさんのことを学んでいるから、来年は大幅に改善することができるだろう。それは当然のことだ」

「今年は去年に比べれば信頼性の問題が少なくなった。たくさんの周回を走ることで、多くのことを学習できた。だから来年、パワーユニットは大きく進歩すると期待している」

「また、来年は空力に関して、規則の解釈に関して、未知の部分がある。だから前との差を縮めるチャンスになるだろう」

「来年は入賞し続けるだけじゃなく、もっとずっと大きなものを狙えるようになりたい」

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月16日(金)11時57分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]