ここから本文です

シンガポールGP最初のセッションはレッドブルがワン・ツー。ニコが終盤にクラッシュ

オートスポーツweb 9月16日(金)21時27分配信

 2016年F1第15戦シンガポールGPのフリー走行1回目が9月16日(金)、現地時間18時から行われた。トップタイムはレッドブルのマックス・フェルスタッペンがマーク。

 セッション開始と同時に各車インストレーションラップを行うなか、ジェンソン・バトンがピットレーンの入り口でストップ。バトンはコースマーシャルにマシンを押され、自らのガレージに戻されてしまう。

 バトンのマシンがガレージに収まるまでバーチャル・セーフティーカーが導入されたが、これはすぐに解除となり、セッションは再開される。多くのマシンがウルトラソフトタイヤで走行を再開し、ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグのメルセデス勢が早くもワン・ツー体制を築く。

 30分を過ぎたところでセバスチャン・ベッテルとマックス・フェルスタッペンがメルセデスの2台に割って入り、トップ6をメルセデス、フェラーリ、レッドブルが構築。ただし、コース上は非常に埃っぽく滑りやすい状況で、ベッテルやフェルスタッペン含む多くのドライバーがコーナー出口で、リヤタイヤをウォールに軽くヒットさせる場面が見られた。

 セッション開始直後にストップし、スロットル系のトラブルとの情報が入っていたバトンもコースに復帰し、無事にタイムの計測を済ませるが、ハースのロマン・グロージャンはまったく走行を行えず。深刻なマシントラブルを抱えている模様で、グロージャンは走行を断念してしまう。

 残り約30分のところで、フェルスタッペンとダニエル・リカルドがワン・ツー。ベッテルがそれに続く。トロロッソの2台も好調で、6番手、7番手タイムをマークしながら周回を重ねる。マクラーレンはアロンソがタイムシートの11番手に位置しながら、スーパーソフトタイヤで連続走行。バトンはスロットルの不調を訴えつつも、周回を重ねた。

 セッションの残り時間も少なくなり、各車それぞれセットアップを進めるなか、残り12分のところでロズベルグがクラッシュ。ターン18の進入でブレーキングをミスし、フロントウイングを破損してしまう。ロズベルグは自力でピットに戻るが、残りの走行時間を失ってしまった。

 その後も上位勢に大きな順位変動はなく、レッドブルがワン・ツーでセッションを終え、3番手にベッテル、メルセデス勢がその後ろに続いた。

 90分間のセッションを終えて、トップはフェルスタッペン。以下リカルド、ベッテル、ハミルトン、ロズベルグ、ライコネン、サインツ、クビアト、マッサ、グティエレスがトップ10。

 シャシー性能が重要視されるマリーナ・ベイ市街地サーキットで、レッドブルが速さを示す結果となった。

 シンガポールグランプリ金曜フリー走行2回目は、現地時間21時半、日本時間22時半から行われる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月16日(金)21時52分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]