ここから本文です

東京五輪空手「沖縄で一部開催を」 知事が要請へ

沖縄タイムス 9/16(金) 6:30配信

 沖縄県の翁長雄志知事は15日の定例会見で、2020年東京五輪で競技種目に決まった空手に関し、20日に東京都内で丸川珠代五輪相らと会談し、競技の県内開催を求めることを正式に発表した。知事は「特に形の競技はぜひ県内で開催できるよう国や関係団体へ誘致を働き掛けたい」と意欲を示した。

 知事は8月に鶴保庸介沖縄担当相と会談した際、県内開催や事前合宿の誘致への協力を求めていた。20日は全日本空手道連盟にも要望する予定。

 また、県が建設する大型MICE施設の建物部分への一括交付金の充当に関し、「(国側と)建設的な話をしている」と述べ、一括交付金を使用できる方向で内閣府と調整していることを明らかにした。

 MICEを巡っては土地購入費に一括交付金を使用することに内閣府が難色を示したため県は断念。知事はこの日の会見で、「MICE建設が一日も遅れることがないよう対処したい」と述べた。

最終更新:9/16(金) 16:45

沖縄タイムス