ここから本文です

那覇市議会・発言削除、中間報告へ 議長は関与否定

沖縄タイムス 9/16(金) 8:05配信

 4月の那覇市議会臨時会の議事録で、市長発言の一部が議会の許可を得ず削除されていた問題で、議会運営委員会は15日、関係者に経緯を聞き取った中間報告をまとめる方針を確認した。20日の本会議で報告する見通し。

 15日の議運で金城徹議長は、削除された市長発言について「4月18日の臨時会直後に久高将光副市長と『(発言は)まずかった』と話はしたが、取り消すうんぬんの会話をした記憶はない。職員に指示した記憶もない」と述べ、関与を改めて否定した。

 削除の事実を知ったという9月7日以降、事務局側から断片的な説明は受けたが、「全体の流れが具体的に分かり、トータルで説明を受けたのは(議運が事務局に聞き取りした)14日」とした。

 削除された経緯の解明は「大変大事だ」と強調した上で「なぜ削除されたか分からない中、職員も含め解明に手を尽くしたが、錯誤で削除され(故意に)やっていないのを証明しろといっても非常に難しいのではないか」とも述べた。

最終更新:9/16(金) 8:05

沖縄タイムス