ここから本文です

石垣市議会できょう自衛隊配備要請決議 可決の見通し

沖縄タイムス 9/16(金) 8:30配信

 【石垣】石垣市議会(知念辰憲議長)は16日の9月定例会最終本会議で「石垣島への自衛隊配備を求める決議案」を採決する。仲間均市議が15日の一般質問中に動議を出し、同日の議会運営委員会で決めた。与党による賛成多数で可決される見通し。可決されれば、自衛隊配備計画を求める市議会決議は初めて。

 決議案では、防衛省が示した「平得大俣」など特定の場所や自衛隊の部隊は明記せず、中国や北朝鮮による緊迫した状況に触れた上で「尖閣諸島を抱える我が石垣市おいて自衛隊配備は必要不可欠」などとしている。

 6月定例会では、推進派の請願採決で、与党の一部議員が配備を容認しつつも「時期尚早」「(陸自より)海上自衛隊の配備を求めるべき」などと反対、退席し、不採択となった。

 今回の決議案は候補地や部隊は示さず「自衛隊配備」への賛否だけに絞られたことから賛成多数となる見込み。

最終更新:9/16(金) 8:50

沖縄タイムス