ここから本文です

台風16号:今夜、八重山に暴風警報か

沖縄タイムス 9/16(金) 13:10配信

 強い台風16号は今後、非常に強い勢力へと発達しながら、17日朝から昼前にかけて先島地方にかなり接近し、暴風となる恐れがある。石垣島地方気象台によると八重山地方では16日昼すぎに波浪警報が、夜のはじめごろ(午後6~9時)に暴風警報が発表される見通しで、早めの台風対策と、暴風や高波、高潮、大雨への厳重な警戒を呼び掛けている。

この記事の他の写真・図を見る

 16号は16日正午現在、石垣島の南約430キロにあって、暴風域を伴いながら時速約25キロで北西に進んでいる。中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。中心の北東側330キロ以内と南西側220キロ以内では、風速15メートル以上の強い風が吹いている。

  今後予想される最大風速は、与那国島地方が16日に23メートル(最大瞬間35メートル)、17日に45メートル(最大瞬間65メートル)。石垣島地方で16日に23メートル(最大瞬間35メートル)、17日に30メートル(最大瞬間45メートル)。宮古島地方で16日に20メートル(最大瞬間30メートル)、17日に25メートル(最大瞬間35メートル)という。

 沿岸の海域は八重山地方が16日夜はじめごろから、宮古島地方が同日夜遅くから大しけとなり、八重山地方は17日未明から猛烈なしけとなる見込み。

 八重山地方では16日夕方から雷を伴って激しい雨が降る見込みで、17日にはさらに雨が強まり、1時間に80ミリの猛烈な雨となる恐れがある。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水やはん濫に警戒が必要。18日正午までの24時間に予想される雨量は、多い所で200ミリから300ミリに達するおそれがある。

 また大潮の時期と台風の接近が重なるため、海岸や河口付近の低地では、高潮による浸水や冠水に警戒・注意が必要という。

最終更新:9/16(金) 13:10

沖縄タイムス