ここから本文です

ほくリンク、会員11万5千件 北電、夏場に上積み

北國新聞社 9月16日(金)3時20分配信

 北陸電力は15日、サービス会員制度「ほくリンク」の会員数が8月末で11万5千件となったと発表した。電力需要の高い夏場に合わせて営業を強化し、8月はこれまでの月平均6千件を大きく上回る1万9千件を上積みした。4月の電力小売り自由化後、新規参入の電力会社に5千件の契約が流れており、北電は会員サービス拡充で囲い込みを急ぐ。

 ほくリンクは昨年4月にスタートし、初年度の会員数は7万1千件、今年度は4~8月の5カ月間で計4万4千件となった。ただ、北陸電力は2年目の年間獲得目標を15万件に設定しており、想定よりペースは鈍い。

 このため、同社は16日から、会員10万人突破記念のキャンペーンを始める。来年1月9日までの期間中、ウェブでほくリンクにログインしてアンケートに回答すると、1万ポイント(1ポイント1円換算)が抽選で100人に当たる。ポイントは百貨店や商業施設の商品券などと交換できる。

 10月2日からは「お困りごと解決サービス」に申し込んだ会員を対象に、通常利用で付与される100ポイントに加え、3千ポイントを先着30人に進呈する。

 首都圏エリアでの家庭向け電力契約「北陸かがやき契約」の申し込みは、限定1千件のうち8月末で750件となった。10月1日からは契約者に抽選で北陸の特産品などを贈る。

北國新聞社

最終更新:9月16日(金)3時20分

北國新聞社