ここから本文です

電撃復帰のD・ルイスがチェルシーで “再デビュー”へ 指揮官が起用を示唆

SOCCER KING 9月16日(金)16時43分配信

 今夏、パリ・サンジェルマンからチェルシーに移籍したブラジル代表DFダヴィド・ルイスが16日に行われるプレミアリーグ第5節のリヴァプール戦で“再デビュー”する可能性が出てきた。15日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 現在29歳のD・ルイスは、2011年冬にベンフィカからチェルシーへ移籍した。同クラブでは公式戦通算142試合に出場し12得点を記録。その後、2014年夏に5年契約でパリ・サンジェルマンへ加入すると、リーグ・アン優勝など数々のタイトルをもたらした。そして今夏、移籍市場閉幕直前に移籍金3000万ポンド(約40億5000万円)と見られる額で、チェルシーへの電撃復帰を果たしていた。

 11日に行われたプレミアリーグ第4節スウォンジー戦では出場機会がなかったD・ルイス。同試合で元イングランド代表DFジョン・テリーが負傷したため、リヴァプール戦では先発メンバー入りする可能性が出てきた。

 アントニオ・コンテ監督は「新しい選手と契約すると、新しいコンセプトや考えに適応するのに時間が必要だ。彼(D・ルイス)は素晴らしい選手だし、金曜日(16日に行われるリヴァプール戦)のパフォーマンスには自信がある。トレーニングで良い物が見られているので、私は嬉しいよ」とコメント。リヴァプール戦で起用する意向があることを示唆した。

SOCCER KING

最終更新:9月16日(金)16時43分

SOCCER KING