ここから本文です

インテル指揮官、EL初戦黒星に憤りも 次節に自信「ユーヴェを苦しめる」

SOCCER KING 9/16(金) 17:49配信

 ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節が15日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテル(イタリア)はホームでハポエル・ベア・シェバ(イスラエル)と対戦し、0-2と敗れた。インテルを率いるフランク・デ・ブール監督が、試合後にイタリアメディア『Sky』のインタビューに答えている。

 デ・ブール監督は「スタジアムに足を運んでくれたサポーターに申し訳ない。難しいスタートの後、得点を奪おうといくつかのアクションを起こし、点を奪われるまでは試合をコントロールできていた」と、試合序盤はペースを握れていたと口にした。

 後半に入ってセットプレー絡みで2失点を喫したインテル。「得点を奪われると、たくさんのチャンスを許してしまった。得点できるように願っていたが、リードを許した後にどうして冷静さを失ってしまったのかわからない。リードを許してしまうのは起こりうること。それを選手たちは理解する必要がある」と、失点後に冷静さを失ってしまったことを嘆いた。

 さらに、「私は怒っている。我々が先に点を獲れたはずだし、我慢は限界に達した。これからは良くなるしかない」と不甲斐ない敗戦に強い憤りを示した。

 インテルは18日に行われるセリエA第4節で王者ユヴェントスをホームに迎える。「今日は常に試合をコントロールした。自分たちを信じ、集中すればユヴェントスを苦しめることができると信じている」と、次戦に切り替えた。

SOCCER KING

最終更新:9/16(金) 17:49

SOCCER KING