ここから本文です

フィルミーノ、クロップの手腕に太鼓判「僕をリヴァプールのネイマールに」

SOCCER KING 9月16日(金)18時50分配信

 リヴァプールに所属するブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが、同クラブを率いるユルゲン・クロップ監督を絶賛した。15日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 現在24歳のフィルミーノは2010年冬に母国ブラジルを離れて、ホッフェンハイムに移籍。4シーズン半でブンデスリーガ140試合に出場し、38ゴールを記録した。2015年にリヴァプールへ完全移籍が実現し、昨シーズンはプレミアリーグで10得点を挙げている。

 フィルミーノは「走るのは僕にとって簡単なことなんだ。ドイツで多くを学んできたからね。自動ボタンで動くことが必要だと学んだんだよ。一度ボタンを押されたら、走り続け、ハードワークし続けるんだ」と、ドイツでの4年半で成長した点を口にした。

 また、昨年10月からリヴァプールを率いているクロップ監督については「僕はドイツで彼のチームの相手として戦ってきた。リヴァプールの監督になると聞いた時は本当に嬉しかったよ。この上なく幸せだったんだ」と、就任した時の気持ちを明かした。

 さらに「僕たちの関係には一点の曇りもない。彼の頼みなら断るようなことは決してないね。僕をリヴァプールのネイマールにしてくれるんじゃないかな? もちろん僕次第だけど」と、クロップ監督の手腕を絶賛した。

SOCCER KING

最終更新:9月16日(金)18時50分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報