ここから本文です

【湘南vs福岡プレビュー】J1残留を争うチームの直接対決 福岡はシステム変更も視野に入れる

SOCCER KING 9月16日(金)20時45分配信

■湘南ベルマーレ 連敗ストップへ、本来のチームスタイルに立ち返れるか

 湘南はリーグ戦前節、FC東京とのアウェーゲームに臨み、0-3で敗れた。これで2nd第3節サガン鳥栖戦から続く連敗は「9」に達した。

 そのFC東京戦、前半終了間際に先制を許すと、後半に引き寄せた自分たちの時間帯も得点には結べず、逆に終盤に追加点を浴びた。結果は元より、チームの反省はその内容に向けられている。とりわけ前半は消極的なプレーが散見され、ボールホルダーに寄せ切れないなど、“らしくない”姿勢が見受けられた。それを踏まえ、チームは今節に向けて、攻守における前への意識を改めて見つめ直している。

 今節ホームに迎える福岡とは、近年では2012年と2014年にそれぞれJ2で対戦し、3勝1分と湘南が勝ち越している。だが、2年ぶりに顔を合わせた今季1stステージの対戦では、互いにチャンスを作る展開の中、福岡が終盤に決勝点を沈めて1-0で勝利を収めた。両者の通算対戦成績も、22勝5分14敗と福岡に軍配が上がる。

 連敗の渦中、厳しい状況が続いているが、けがで離脱していたメンバーの復帰や、選手の新たなポジションへのトライなど、ポジティブな要素も認められる。何より、これまでクラブとして育んできたスタイル、すなわち立ち返る場所があることは心強い。

 今節を前に、湘南は2日連続で非公開練習を組んだ。異例のスケジュールに、スタメンは見えず、推測の域を出ない。だが、誰が選ばれても自分たちのやるべきは分かっていよう。集中力を高め、見つめ直したプレーをピッチで表すだけだ。(隈元大吾)

■アビスパ福岡 ウェリントン復帰で1stステージの再現なるか、ハイプレスとカウンターがポイント

 リーグ戦5連敗中で年間18位の福岡と、9連敗中で同17位の湘南が激突する下位対決。この試合で福岡が勝利すれば、湘南に勝ち点差で並ぶ。両チームにとって、残留を果たすために勝たなければならない一戦だが、そうした試合を前に、井原正巳監督は「どちらが本気で残留したいと思っているか。サッカーも大事だが、最後はそこが勝敗を分ける」と話した。

 福岡にとって明るいニュースは、ひざの痛みで戦線を離れていたFWウェリントンが復調したことだろう。今節はウェリントンにとって古巣戦でもあり、「フィジカル面では良い状態になり、90分間の出場も問題ない」と、ウェリントン自身はリーグ戦10試合ぶりの先発復帰をアピールする。ウェリントンが出場すれば、高さと強さを生かして前線で起点となり、福岡が得意とするカウンターの精度を高めることもできるだろう。また、セットプレーでも湘南にとっては脅威となるはずだ。

 1stステージの対戦では、81分に右クロスのこぼれ球を城後寿が押し込んで、福岡が1-0で勝利した。湘南とのJ1、J2での対戦成績は、福岡が21勝4分14敗と上回っている。だが、福岡が直近の試合のように、5バックで後ろに重心が掛かり、低い位置でしかボールを奪えないようであれば、湘南に攻め込まれるシーンを増やしてしまうだろう。改善策として、福岡はシステムを「4-3-3」に変更する可能性もあるが、その場合は連係面で不安も残る。いずれにしても、高い位置でボールを奪い、カウンターにつなげられるかがポイントだ。(新甫條利子)

SOCCER KING

最終更新:9月16日(金)20時52分

SOCCER KING