ここから本文です

[EL]大会史上最速10秒69弾…CL記録には0.48秒届かず

ゲキサカ 9/16(金) 17:28配信

 15日に行われたヨーロッパリーグ(EL)で大会史上最速となるゴールが生まれた。

 決めたのはスロバン・リベレツ(チェコ)でプレーするチェコ代表MFヤン・シコラ。相手のカラバフ(アゼルバイジャン)のキックオフで始まったゲームだったが、FWミラン・バロシュがボールを奪ってドリブルを開始。ペナルティーアーク付近でこぼれたボールをヤン・シコラが右足で流し込んだ。

 UEFAが発表した公式タイムは10秒69。これは昨年3月12日のEL決勝トーナメント2回戦第1戦のビジャレアル戦で、セビージャのMFビトロが決めた13秒21弾を更新する記録となった。

 なお、UEFAチャンピオンズリーグの最速ゴールは、元バイエルンFWロイ・マカーイ氏が2006-07シーズンの決勝トーナメント1回戦のR・マドリー戦で記録した10.21秒。この記録にはわずかに届かなかったが、22歳MFがUEFAの歴史に名を残したことに変わりはない。

 試合はリベレツが2度のリードを奪いながらも、後半アディショナルタイムに同点弾を浴び、2-2のドローに終わっている。

最終更新:9/16(金) 17:28

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]