ここから本文です

明大から加入2年目、今季17試合出場の23歳…岐阜MF苅部隆太郎が突然の現役引退表明

ゲキサカ 9/16(金) 18:28配信

 FC岐阜は16日、MF苅部隆太郎(23)が現役を引退すると発表した。「膝の怪我」によるものだという。シーズン途中ながら契約も解除。引退セレモニーなども本人の強い希望により行わないとしている。

 苅部は川崎Fの下部組織出身で、明治大を経て、15年に岐阜に入団。身長188cmの恵まれたフィジカルを武器とし、1年目から7試合に出場。ただ4月に右ひざ前十字靱帯を損傷した。2年目の今季は17試合に出場して2ゴールを挙げていたが、7月25日の札幌戦でフル出場したのを最後に、ベンチ入りもなかった。

 クラブを通じ、「治療に専念してきましたが、膝の怪我により、シーズン途中ではありますが、引退を決断いたしました」と明かした苅部は、「チームがこのような状況の中でチームを離れることとなり、大変申し訳なく思っています。これまで応援してくださった方々、これまで指導してくださった方々には本当に感謝しています。ありがとうございました」と退団の挨拶をしている。

最終更新:9/16(金) 18:28

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています