ここから本文です

8800万円の究極のラグジュアリー「メルセデス・マイバッハ S 600 プルマン」注文受付開始

オートックワン 9月16日(金)16時44分配信

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・マイバッハのラインアップに「メルセデス・マイバッハ S 600 プルマン」を追加し、9月15日より注文受付を開始した。

このニュースのフォトギャラリー

なお、「メルセデス・マイバッハ S 600 プルマン」は完全受注生産となり、日本市場向けモデルの年間生産台数は僅少となる。価格(消費税込)は、8800万円。

1920年代から美しいスタイルと贅を尽くした高級感で人々を魅了した伝説の名車「マイバッハ」は、メルセデス・ベンツブランドの傘下で「究極のエクスクルーシブ性」を追求する威厳と風格を備えたブランド「メルセデス・マイバッハ」として生まれ変わった。

メルセデス・ベンツによる最新鋭のテクノロジーを備え、きわめてゆったりとした室内空間にプレステージ感あふれるデザインとクラフトマンシップにより仕上げられた高級素材を随所に採用した、新しい高級車である。

「メルセデス・マイバッハ S 600 プルマン」は6.50mの全長によって、ゆったりとした後席の室内空間を設けている。

そこに快適性を高める数多くのアイテムを標準装備することで、究極のラグジュアリーを実現している。進行方向に配置した2つのエグゼクティブシートのレッグルームはセグメント最大の広さで、移動中は車内で快適に過ごすことができる。

「メルセデス・マイバッハ S 600 プルマン」は、後席の4つのシートが向かい合わせ配置になっており、オーナーと特別なゲストの席には前向きのエグゼクティブシートを標準装備、その他の乗員には後ろ向きの可倒式シートを設けている。

リアシートは、左右ともにゆったりと仕事ができる垂直に近いポジションから、スイッチ操作1つでバックレストが43.5度までリクライニングが可能な「エグゼクティブシート」を採用している。

「メルセデス・マイバッハ S 600 プルマン」は全長が6500mmと、「メルセデス・マイバッハSクラス」に比べてさらに1000mm以上拡大しており、長大なホイールベースは4418mmになる。また、全高は1598mmと「メルセデス Sクラス」より100mm以上も高く、また、ルーフラインの形状変更によってヘッドルームが拡大している。

エンジンは、最大出力530PS(390kW)、最大トルク830Nm(84.6kg・m)を発生する6.0リッターV型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、7速オートマチックトランスミッション「7G-TRONIC」を組み合わせた。

室内は全面本革張りを標準仕様とし、ルーフライナーだけでなく、ドアフレームやシートコンソールにまで高級本革を使用している。また、後席のルーフライナーには外気温度計、スピードメーター、時計の3連アナログメーターを配置した。

後席と前席の間にはパーティションを設け、パーソナルな空間をしっかりと確保。このガラス製パーティションは電動操作で上下の位置を調整することができ、ボタン1つで透明と不透明の2つのモードを切り替えることができる。この機能と、標準装備のリアウインドウ用電動カーテンを組み合わせることで、さまざまなレベルでプライバシーを守る。パーティションには16:9フォーマット18.5インチモニターが装着されている。

車内の音響には、ドイツのハイエンドオーディオ専門メーカー、ブルメスター社と共同開発したサウンドシステムを採用し、自然で表情豊かな究極の音響空間で聴覚を満たすことができる。このオーディオシステムは、16個のハイパフォーマンススピーカーにより合計850Wの大出力を誇る。

さらに自然で臨場感溢れる音質を求める方に、24個のハイパフォーマンススピーカーとそれぞれを駆動する24チャンネルアンプによる合計1520Wの圧倒的な出力を誇る5.1チャンネルサラウンドシステムの「Burmester ハイエンド3Dサラウンドサウンドシステム」を設定した。「ピュア」「イージーリスニング」「ライブ」「サラウンド」「3Dサラウンド」の5つのモードから選択できる。

「メルセデス・マイバッハ S 600 プルマン」は完全受注生産で、受注から納車までは最短約12ヶ月を要する。また、特別内装のdesigno manufactur セミアニリンレザーを選択した場合、コートダジュールブルーミドル、エアーズロックレッド等全8色のスペシャルペイントを選択した場合には、それぞれ約2ヶ月ずつ生産期間がかかる。

最終更新:9月16日(金)16時44分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]