ここから本文です

日産・オーテックジャパン「新型セレナ」の福祉車両を国際福祉機器展に出展

オートックワン 9/16(金) 18:04配信

日産とオーテックジャパンは、10月12日(水)から14日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「H.C.R.2016」(第43回国際福祉機器展)に、ライフケアビークル(LV)など9台を出展する。

このニュースのフォトギャラリー

日産自動車グループでは、ユーザーの生活のいろいろなシーンで役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼称し、個人ユースから施設での利用まで対応する、幅広いラインナップを取り揃えている。

今回は、2017年春に発売予定の参考出品車「新型セレナ チェアキャブ スロープタイプ」を含む4台の新型セレナと、軽ワゴン車をベースとした車いす仕様車「NV100クリッパー リオ チェアキャブ 」、公共交通の一つとして活躍中の「NV200バネット ユニバーサルタクシー」など、計9台を出展する。

また日産の展示ブースでは、同一車線自動運転技術「プロパイロット」の紹介をはじめ、車いすの背もたれや車内の状況、天候などで見難くなりがちなルームミラーをいつでもクリアに視界確保する「スマート・ルームミラー」など、日産の先進安全装備も見ることができる。

【出展車両】

<新型セレナ>

・チェアキャブ スロープタイプ (参考出品)

・チェアキャブ リフタータイプ+ロングステップ+助手席スライドアップシート

・セカンドスライドアップシート

・送迎タイプ

<NV100 クリッパーリオ>

・チェアキャブ スロープタイプ

<NV200 バネット>

・チェアキャブ スロープタイプ 車いす2名仕様

・ユニバーサルデザインタクシー

<NV350 キャラバン>

・チェアキャブ D仕様

<e-NV200>

・送迎タイプ

【「H.C.R.2016」概要】

日時:10月12日(水)~10月14日(金)10:00~17:00

会場:東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-11-1)

主催:全国社会福祉協議会、保健福祉広報協会

入場料:無料(入場者登録制)

最終更新:9/16(金) 18:04

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。