ここから本文です

腕を失い、脊椎に銃弾 シリア・アレッポの子供たち

BBC News 9月16日(金)15時32分配信

(c) BBC News

シリア政府が支配するアレッポ西部の病院には、自分の右腕と、いとこ4人を爆撃で失った8歳の男の子がいた。父親と食事をしていた時に撃たれ、銃弾に脊椎を貫かれた7歳の女の子がいた。40万人以上の命を奪ったとされるシリア内戦は、中東の古い政治秩序を大きく揺り動かすうねりの一部だ。その中で人生を一変させられてしまった子供たちについて、ジェレミー・ボーウェン中東編集長がアレッポ西部から報告する。

(c) BBC News

最終更新:9月16日(金)15時32分

BBC News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。