ここから本文です

米空軍、F15機を全面改修 F22の調達誤算で

CNN.co.jp 9月16日(金)11時30分配信

(CNN) 米空軍は16日までに、約120億ドル(約1兆2240億円)を投じ、1980年代に本格導入されたF15型機戦闘機の大幅な機体改造計画を実施していることを明らかにした。

改造は2024年から30年の間に終了する見通し。同機の実戦配備を2040年まで引き延ばすことになる。

今回の改新は、F15を第5世代の最新鋭戦闘機F22と全面的に交代させる当初の計画がF22の製造中止を受けて頓挫(とんざ)したことを受けている。米国防総省は計749機のF22発注を予定していたが、2009年の生産中断の決定で引き取ったのは188機のみとなっていた。

F15の主要開発元で製造を担う米ボーイング社によると、同機は米軍の戦闘機史上、最も成功した制空戦闘機とされる。従事した空中戦では無敗を誇り、勝利を100回以上収めているという。

米軍は過去数十年間、制空権を支配する技術的な優位性を保持してきたが、ロシアや中国の追い上げは急となっている。F22の導入に大きな狂いが生じたことで、実戦能力に秀でているF15の大幅改造に踏み切ることになった。

性能改造の対象は計435機のF15。新型レーダー装置、作戦遂行に必要なコンピューター技術の改良、最先端の通信手段や赤外線追尾装置、電子戦用の防御機器などを新たに装着する。空軍当局者はCNNの取材に、これらの機能改善によりF15は最新鋭軍用機との共同作戦にも活用出来るとしている。

ボーイング社の報道担当者によると、性能が一新されたF15にはミサイル16発の搭載が可能。これまでの標準仕様は8発だった。

米空軍の報道担当者であるロバート・リース少佐は戦時の際の制空権確保を維持するために空軍は新たな兵器システムの開発を続けるだけでなく、F15のような過去の実績が優れた兵器の能力改善を進める必要性を強調した。

米空軍は過去にもF15に新技術を取り込む性能改造に取り組んできた。これらの作業は2002年にさかのぼるが、あくまで段階的に実施されてきた。最新型の通信機器や赤外線指示システムの導入は今年始まったばかりとなっている。ボーイング社の報道担当者は、性能更新の作業には評価、開発や試験の実施が必要との事情に言及している。

空軍当局者は、F15にはF22のような敵レーダー網を回避するステルス機能が欠けているが、計画中の性能改善が実施されれば敵航空機の探知、攻撃目標の設定や交戦などで戦術的な優位性を保持することになると強調。F22との共同作戦遂行に必要な通信能力も向上し、将来的に開発される新技術のさらなる導入も可能との見方を示した。

最終更新:9月16日(金)11時30分

CNN.co.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。