ここから本文です

アマゾン、大型の風力発電所「Amazon Wind Farm Texas」を建設へ

CNET Japan 9月16日(金)11時38分配信

 Amazonは米国時間9月15日、同社にとってこれまでで最大となる再生可能エネルギープロジェクトを発表した。テキサス州の巨大な風力発電所だ。

 このテキサス州西部の風力発電所「Amazon Wind Farm Texas」は2017年に稼働予定で、1年間に100万メガワット時の電力を発電するとAmazonは述べた。これは米国の約9万世帯の電力をまかなえる量だという。この風力発電所には、100台以上のタービンが設置される予定で、各タービンのローターの直径は「Boeing 747」の翼長の2倍ほどだと説明されている。

 Amazon Wind Farm Texasはテキサス州スカリー郡に建設される。Amazonが現在と将来の「AWS(Amazon Web Services)」クラウドのデータセンターを支えるために近年取り組んでいる複数のクリーンエネルギーイニシアチブの1つだ。AWSの推計によると、2016年末までに同社のインフラストラクチャの40%が再生可能エネルギーで稼働するようになる見通しだという。2015年は約25%だった。目標は、全世界のAWSインフラストラクチャを100%再生可能エネルギーで稼働させることである。

 過去には、インディアナ州、ノースカロライナ州、オハイオ州、バージニア州でも、Amazonの風力発電所や太陽光発電所が発表されており、テキサス州の風力発電所と合わせると、毎年260万メガワット時の電力を発電できる計算になる。これは米国の約24万世帯の電力をまかなえる量だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:9月16日(金)11時38分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]