ここから本文です

Udacity、自動運転車エンジニア育成を目指すナノ学位プログラムを開始へ

CNET Japan 9月16日(金)13時10分配信

 オンライン教育サービスを手がけるUdacityが、自動運転車分野の主要企業と提携し、自動運転車エンジニアを目指す人向けのナノ学位(nanodegree)取得プログラムを開始する。

 Udacityの創設者でプレジデントのSebastian Thrun氏は、「デトロイトからダマスカス、アデレードからアレッポまで、インターネットに接続できる多くの人が、現代の最も脅威に満ちた分野の1つで働くために必要なスキルを学習できる、最初かつ唯一のプログラムだ」と述べた。

 1学期あたり12週間の3学期制で構成されるこのコースでは、ディープラーニングやコンピュータビジョン、センサフュージョン、ローカライゼーションなどが学べる。主要パートナー4社(Mercedes-Benz、Nvidia、Otto、Didi Chuxing)は、世界中の職務でナノ学位の取得を考慮することを約束している。

 同プログラムの1学期の受講料は800ドルで、10月に開講する。最初の定員は250名だ。Udacityによると、米国時間9月13日午後時点で、1200名以上の応募があったという。受講生には、「Python」などのスクリプト言語の経験と、確率、統計学、微積分学に関する少なくとも一定の素養が求められる。

 Thrun氏自身も講師の1人だ。Udacityを創設する前にスタンフォード大学の教授として、2005年の「DARPA Grand Challenge」で優勝した自動運転車「Stanley」の開発チームを統括していた経験をもつ。ほかにも、「Google X」の責任者を務めた経歴がある。

 講師はそのほかに、Udacity入社前にFordで自動運転車のエンジニアを務めていたDavid Silver氏、元フリーランスのデータアナリストだったRyan Keenan氏が名を連ねている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:9月16日(金)13時10分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]