ここから本文です

ブリッジ・ウォーター:人員削減を計画、一部が「膨張し、非効率的に」

Bloomberg 9月16日(金)4時59分配信

世界最大のヘッジファンド運用会社、ブリッジウォーター・アソシエーツは非投資部門を中心に「人員、プロセスおよび技術面で大幅な変革」を計画している。

ブリッジウォーターが顧客に宛てた書簡によると、現在の従業員数は1700人。2011年は1100人、2001年には150人だった。書簡の内容に詳しい関係者1人が明らかにした。同社は今年に入り経営陣の刷新を図っている。

レイ・ダリオ会長兼共同最高投資責任者(CIO)および複数の上級幹部が書いた同書簡は、社内変革について「リノベーションを手掛けている」と表現し、非投資部門業務の一部は「膨張し、非効率的で、官僚的になった」と指摘した。

ブリッジウォーターの広報担当ライアン・フィッツギボン氏はコメントを避けた。書簡内容はこれより先、ビジネス・インサイダーが報じた。

原題:Bridgewater Plans Job Cuts as Some Areas ‘Bloated, Inefficient’(抜粋)

Simone Foxman

最終更新:9月16日(金)4時59分

Bloomberg