ここから本文です

【個別銘柄】銀行が上昇率トップ、電子部品や陸運高い、TOTO安い

Bloomberg 9月16日(金)11時50分配信

16日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は以下の通り。

銀行:三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)が前日比2.7%高の511.2円、三井住友フィナンシャルグループ(8316)が2.2%高の3420円など。銀行業指数は東証1部業種別の上昇率1位。ゴールドマン・サックス証券は、9月の日本銀行の金融政策決定会合では最終的にマイナス金利幅の拡大は見送られる可能性が高い、と予想した。

電子部品:アルプス電気(6770)が6.3%高の2440円、村田製作所(6981)が4.2%高の1万3350円、TDK(6762)が4%高の7310円など。米アップルは15日、新型スマートフォン「iPhone7プラス」の当初数量は予約販売期間中に完売したと発表。日本国内では16日に「iPhone7」などが発売された。岩井コスモ証券の西川裕康アナリストは電話取材で、新型スマホは従来スマホのマイナーチェンジで目新しくないとの見方から売れ行きへの懸念があったが、実際には人気が高く、関連部品メーカーにも見直し買いが入っていると話した。

陸運:JR西日本(9021)が2.9%高の6214円、JR東海(9022)が2.8%高の1万7585円など。岩井コスモ証券の林卓郎投資情報センター長は、15日のJR九州の上場発表を機に、割安なJR株に注目が高まったと電話取材で述べた。

ジャパンディスプレイ(6740):11%高の167円。東海東京調査センターは15日付で投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」に、目標株価を200円から300円に引き上げた。スマホ向け液晶ディスプレー「XOパネル」量産と中国向け受注好転を評価。有機発光ダイオード(OLED)の開発でも、量産試作ラインの開発を進め、反転攻勢の時期に入ってきているとした。営業利益予想は2017年3月期が前期比7.7%増の180億円、来期が200億円。

TOTO(5332):2.9%安の3750円。クレディ・スイス証券は15日付で目標株価を3200円から2900円に引き下げた。投資判断は「アンダーパフォーム」で継続。円高などを背景に海外での業績悪化が懸念されるとし、17年3月期営業利益予想を従来の482億円から476億円に下方修正した。会社計画は510億円。また、目標株価の算出の基準年度を17年3月期から18年3月期へ変更し、目標株価算出の株価バリュエーションを引き下げた。

1/3ページ

最終更新:9月16日(金)15時18分

Bloomberg