ここから本文です

野村敏京11位、宮里美香17位で決勝へ!上原彩子も予選通過

ゴルフ情報ALBA.Net 9月17日(土)2時27分配信

<エビアン選手権 2日目◇16日◇エビアン・リゾートGC(6,470ヤード・パー71)>

LPGAツアー動画ハイライト毎日配信中!藍、美香らの活躍も配信

 フランスにあるエビアンリゾートGCで開催されている、海外女子メジャー最終戦「エビアン選手権」は第2ラウンドを行い、トータル13アンダーまでスコアを伸ばしたチョン・インジ(韓国)が単独首位に浮上して大会を折り返した。2打差のトータル11アンダー2位タイにフォン・シャンシャン(中国)とパク・スンヒョン(韓国)、トータル10アンダーの4位にユ・ソヨン(韓国)がつけている。

 日本勢は野村敏京がトータル5アンダーで首位と8打差ながら11位タイと、好位置で決勝ラウンド進出を決めた。この日“66”で回った宮里美香はトータル3アンダーの17位タイに浮上。上原彩子もこの日パープレーで耐えてトータル2オーバーの57位タイで予選通過を果たした。横峯さくらはトータル4オーバー73位タイで予選通過はならず。前身の「エビアンマスターズ」を2度制している宮里藍はトータル5オーバーの81位タイで予選落ちとなっている。

【2日目の順位】
1位:チョン・インジ(-13)
2位T:フォン・シャンシャン(-11)
2位T:パク・スンヒョン(-11)
4位:ユ・ソヨン(-10)
5位:アンジェラ・スタンフォード(-9)
6位T:ブリタニー・リンシコム(-8)
6位T:ジ・ウンヒ(-8)
8位:ジェニファー・ソング(-7)
9位T:キャンディ・クン(-6)
9位T:ダニエル・カン(-6)
11位T:野村敏京(-5)他

17位T:宮里美香(-3)他
57位T:上原彩子(+2)他

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:9月17日(土)2時27分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]