ここから本文です

二子玉川で「まるごと多摩川まつり」 多摩川に関する講演や体験イベントも /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月17日(土)7時0分配信

 世田谷区立兵庫島公園(玉川3)と東京都市大学二子玉川夢キャンパス(玉川2)で9月18日、「第4回まるごと多摩川まつり」が開催される。(二子玉川経済新聞)

 主催の「多摩川流域懇談会」は、市民団体、企業、学識経験者、流域自治体、河川管理者などが、多摩川の川づくりや流域の環境について継続的に情報や意見交換を行い、「いい川」の実現に向けて緩やかな合意形成を図ることを目的に1998年に設立した団体。

 同イベントは、多摩川の河川整備計画が策定されてから、企業や住民参加による「いい川づくり」でつながってきた「輪」を育てるため、2013年に川崎の「せせらぎ館」で開催された。

 今年は、「二子玉川発!多摩川とつながるまちづくり」をテーマに掲げ、多摩川沿いを歩きながら多摩川の歴史や川づくりを学ぶ「多摩川を歩く」、多摩川とまちづくりに関する講演と活動発表会「第46回多摩川流域セミナー」を行う。このほか、「いい川づくり交流広場」として、兵庫島公園と二子玉川夢キャンパスの会場でさまざまな体験イベントや展示を行う。

 多摩川流域懇談会連絡事務局の竹本隆之さんは「多摩川に関するクイズやお絵描き、土砂災害の疑似体験、多摩川で採れた鮎を食べるなど、さまざまな体験ブースを用意している。親子連れや若い方々が体験イベント通じて多摩川のことを知ってもらい、いい川づくりの輪がもっと広がれば」と期待を寄せる。

 開催時間は9時30分~16時。「多摩川を歩く」「第46回多摩川流域セミナー」「水辺ガサガサ体験」は、17日まで要事前申し込み。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月17日(土)7時53分

みんなの経済新聞ネットワーク