ここから本文です

デルタ航空、日本発着の米国線で機内用スリッパを提供

レスポンス 9月17日(土)7時0分配信

デルタ航空は、日本発着の米国本土路線とホノルル路線のエコノミークラス「メインキャビン」と「デルタ・コンフォートプラス」席の乗客に、機内用スリッパを提供すると発表した。

[デルタ航空のB777-200LR]

日米間の長距離国際線で、全客室の乗客に機内用スリッパを提供するのは、デルタ航空が初めて。

これまでメインキャビンの乗客には、アイマスクと耳栓が入った「スリープキット」と、機内エンターテインメント用のイヤホン、食事サービス後に配布するペットボトルの水を、コンフォートプラスの乗客には、それらに歯磨きセットを加えたアメニティを提供していた。新たにスリッパを加えることで、エコノミークラスの機内での快適性向上を図る。

機内用スリッパは、成田、羽田、名古屋発着のアメリカ本土路線と、成田、名古屋、関空、福岡発着のホノルル路線で9月15日から提供を開始し、10月30日に新規就航する羽田=ミネアポリス線と、同日昼間時間帯に移行する羽田=ロサンゼルス線でも提供する。

機内用スリッパのほか、メインキャビンとデルタ・コンフォートプラスのサービス向上の一環として、7月に日本発の米国本土路線で日本人客に人気のあるアイスクリームブランド「ハーゲンダッツ」の提供を開始した。米国発の帰国便では出発空港により、「ベン&ジェリーズ」または「マグナム」のアイスクリームを提供している。ホノルル線では、帰国便のみ「ベン&ジェリーズ」のアイスクリームを提供している。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9月17日(土)7時0分

レスポンス