ここから本文です

デルタ航空、日本発着の米国線で機内用スリッパを提供

レスポンス 9/17(土) 7:00配信

デルタ航空は、日本発着の米国本土路線とホノルル路線のエコノミークラス「メインキャビン」と「デルタ・コンフォートプラス」席の乗客に、機内用スリッパを提供すると発表した。

[デルタ航空のB777-200LR]

日米間の長距離国際線で、全客室の乗客に機内用スリッパを提供するのは、デルタ航空が初めて。

これまでメインキャビンの乗客には、アイマスクと耳栓が入った「スリープキット」と、機内エンターテインメント用のイヤホン、食事サービス後に配布するペットボトルの水を、コンフォートプラスの乗客には、それらに歯磨きセットを加えたアメニティを提供していた。新たにスリッパを加えることで、エコノミークラスの機内での快適性向上を図る。

機内用スリッパは、成田、羽田、名古屋発着のアメリカ本土路線と、成田、名古屋、関空、福岡発着のホノルル路線で9月15日から提供を開始し、10月30日に新規就航する羽田=ミネアポリス線と、同日昼間時間帯に移行する羽田=ロサンゼルス線でも提供する。

機内用スリッパのほか、メインキャビンとデルタ・コンフォートプラスのサービス向上の一環として、7月に日本発の米国本土路線で日本人客に人気のあるアイスクリームブランド「ハーゲンダッツ」の提供を開始した。米国発の帰国便では出発空港により、「ベン&ジェリーズ」または「マグナム」のアイスクリームを提供している。ホノルル線では、帰国便のみ「ベン&ジェリーズ」のアイスクリームを提供している。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9/17(土) 7:00

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。