ここから本文です

ユヴェントス残留を決めたボヌッチ「ペップの誘いは魅力的だったけど…」

GOAL 9月17日(土)8時45分配信

ユヴェントスのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、今夏マンチェスター・シティからのオファーを断り、残留を決断した経緯を話している。

今シーズンからジョゼップ・グアルディオラ監督が就任したマンチェスター・Cは、今夏の移籍市場で足元に優れたCBの獲得を目指していた。そこでビルドアップ能力の高さが売りのボヌッチに白羽の矢が立ったが、ボヌッチはイタリアで戦い続ける道を選んでいる。

「そういったオファーはもらっていた。グアルディオラが僕を求めているというのは少し心が揺らいだね。ペップとは直接話していないし、代理人に任せている。魅力的ではあったけど、最後は自分の心に従ったよ。素晴らしいチームで大きな目標を達成するために残留することを選んだ。2010年に開始したプロジェクトを素晴らしい形で終えたい」

続けて「新契約についてはユヴェントスと話している最中だ。最も素晴らしいことはユヴェントスが僕を重要な選手だとみなしてくれていることだ。成長する素晴らしいモチベーションになるし、常に110%の力を発揮できる」とユヴェントスとの信頼関係を語った。

GOAL

最終更新:9月17日(土)8時45分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。